​マーティン・スコセッシの『沈黙 -サイレンス-』を観た。

なにぶん原作を読んでいないので迂闊なことは言えないけれど、現代の日本人が見るには、よほど歴史とか切支丹など作品テーマに即した知識がなければ、ちょっと辛いのではないかな、と思ってしまった。つまり、作品を理解するために必要な情報というか、説明が抜けているように思えて仕方ならなかったのだ。
ポイントは二つある。

一つ目は、なぜ切支丹たちはそこまでしてキリスト教を信じなければならなかったのか、という説明。

踏み絵を拒否して切支丹と認定され、拷問で責められ命を取られてもなお、棄教には頑なに応じない。その苦難に対する覚悟の描写こそが、作品のテーマを支える大きな柱となっているのだけれど、ではなぜ彼らはそこまでして切支丹であることに命をかけなければ「ならない」のか。実はその説明が作中ではなされていない。

もちろん、その根底には「強い信仰心」の存在が前提となっているのだろうけれど、実はそれこそが今の日本人には理解しにくい心情なのではないか。少なくとも、その点をスコセッシはわかっていないのではないだろうか、と思えてならない。

西洋のキリスト教の影響下に育った人たちにとって、神への信仰は「あって当たり前」のものであり、だから切支丹たちが「強い信仰心」に殉じていく姿は、おそらくごく自然なシチュエーションなのだろう。が、現代の日本人にはそこをきちんと説明しなければ、感情移入しにくいように思われる。

ただし、この方向で話を進めていくと、「ポア」や「ジハード」(この二つを並べてはいけないのは充分承知している)などのややこしい言葉に向かっていくようにも思えるので、ここではあくまでも疑問提議に留めておく。

二つ目は、逆になぜ幕府はそこまでしてキリスト教を弾圧しなければならなかったのか、という説明。

幕府によるキリスト教に対する禁教令が発せられたという歴史的事項は学校の歴史で習うのだけれど、「なぜ」禁止されたのかを説明できる人は、少ないように思う。

他の国ではキリスト教を隠れ蓑にした侵略行為があったり、あるいは西洋とのコネクションが生まれることによる私的な貿易・交易の発生が危惧されたり、さらには少し前の一向宗や本願寺、比叡山といった「闘争組織としての宗教団体」による反乱の記憶が生々しかったりと、幾つかの理由が複合的に重なり合って禁教令に結びつくのだろうけれど、そのあたりの説明がなされていないので、これも現代の日本人には、さらに言えば日本以外の人にこそ、そのあたりの「徳川幕府の視点に立った恐怖感から生まれた弾圧」であることの説明が必要だったのではないかと思った。

いやしかし、イッセー尾形さんはほんっとうにいい味を出してます。お見事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です